Entries

荒川アンダーザブリッジ 第13話 (最終話) 「13 BRIDGE」 感想

濁流の中で溺れる、せせらぎの中でたゆたう剥がれ落ちた感情は、何かが足りなかった日常は、流れるうちに、角が削れて丸くなり、まるでパズルのピースのように、小さいひとかけらに変わるこの愛しいかけらは、この美しいかけらは、「きっと」お前と貴方と「繋がるための、ひとかけら」...

荒川アンダーザブリッジ 第12話 「12 BRIDGE」 感想

随分遠くに落ちたようだ。消え入りそうで、後付のような雷鳴を。雲の中に隠れないで、私の上へ落ちてきて五月蝿いぐらいでちょうどいい、目の覚めるような稲妻を私の心に突き刺して怖いのは、私の方木一本と無いこの平地で、私に、逃げ場は無いのだから...

荒川アンダーザブリッジ 第11話 「11 BRIDGE」 感想

"外へ出なくては"母の体の外へ出て初めて、空気の冷たさと人の手の暖かさを知ったように。父の腕に抱かれ、連れられた部屋の外で、空の高さと世界の大きさを知ったように。毎日のお決まりの道の外で、聞いたことの無い、自分自身の笑い声を知ったように。外へ、この星の外へ、まだ知らぬ何かを知るために、また一歩、外へ君の近くへ...

荒川アンダーザブリッジ 第10話 「10 BRIDGE」 感想

"願う"それは握り締めた分だけ固くなる黒光りする泥団子形はいびつだでもこれが自分自身の指の形いつか、美しい宝石になるためじゃなく世界で一番美しい泥団子になるための...

荒川アンダーザブリッジ 第9話 「9 BRIDGE」 感想

 ステラはシスターのことが好きっぽい。そんなステラに「シスターは牧場のマリアさんが好きなんだ」と言う☆もといヒトデもといじゃがいも。...

荒川アンダーザブリッジ 第8話 「8 BRIDGE」 感想

昔一度だけ授業参観日に父さんが来た。「僕は将来、お父さんのような、強い人になりたいと思っています。」帰りの車の中で、父さんは言った。「私がどんな人間なのか、お前にわかるはずが無い。 そんな漠然とした目標では何も出来はしない。書き直せ。」「嫌です・・・」今になって思うと、あの日、俺は夢を語りたかったわけではなく、だからこそ父に・・・おそらく最初で最後であろう、小さな反抗をしたんだろう。...

荒川アンダーザブリッジ 第7話 「7 BRIDGE」 感想

 というわけで橋の下で学校を始めるリク。集まったのは兄弟(とニノさん)だけだが・・・...

荒川アンダーザブリッジ 第6話 「6 BRIDGE」 感想

まず、同じ銀河に生まれたこと同じ市に生まれ、生きる時間が重なること人と人とが出会うことの、奇跡的な確率世界はこんなにも、色とりどりの奇跡が溢れている...

荒川アンダーザブリッジ 第5話 「5 BRIDGE」 感想

ステラの歓迎会のために野菜畑に向かうリク。「あなた・・・さては・・・忍者ね!?」そこでドジッ子のピーコと出会うリクだが・・・...

荒川アンダーザブリッジ 第4話 「4 BRIDGE」 感想

 前回の続きから、リクとニノは河川敷でデートする。そんなこんなで金髪の少女、ステラが現れるが…...

荒川アンダーザブリッジ 第3話 「3 BRIDGE」 感想

「60億もの人間がいるのに、皆それぞれ、とても一人で、 皆、必死に探している。距離のいらない、もう一人を。」...

荒川アンダーザブリッジ 第2話 「2 BRIDGE」 感想

「人の心を海とするならば、きっとその水はよどんでいる。」「この深い水底に、何がいるのか知りたいなら、よどみの中で目を開けて、 下へと、冷たくて重い水を蹴り続けるしかない。 自分と言う人間を知りたいなら、例え、底が無かろうと・・・」...

荒川アンダーザブリッジ 第1話 「BRIDGE」 感想

「他人に借りを作るべからず」が家訓の市ノ宮 行(いちのみや こう)ひょんなことから、川で死にそうになっていたところを、橋の下に住んでいる金星人、ニノに助けてもらってしまった行。 借りを作ってしまったのだった。...

Appendix

プロフィール

パスタの虎

Author:パスタの虎
アニメ大好き、カラオケ好き。馬岱好き。麻雀好き。
ニートになりました。やったね!!!(⌒ν⌒)

twitter

カテゴリ

カウンター

応援してます!

シークレットゲーム CODE:Revise

真・恋姫†無双~萌将伝~応援中!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード