FC2ブログ

Entries

うみねこのなく頃に 第20話 「EpisodeIV-II zugzwang」 (感想+考察)

ざわざわ・・・って見えた 茶番?

既にゲームは始まっている。
1986年10月4日土曜日。

マリアが雨の中の薔薇園から帰ってきた辺り。
マリアを心配し、優しく接するローザ。

それを見たエンジェは「虫唾が走る」海馬かよと、おもむろにマリアの日記を開けるのだった…


マリアの過去。

うりゅー★

今日もローザは仕事で帰ってこない。
寂しげなマリア。
そんなマリアを見て、さくたろうは「パジャマパーティー」をしようと提案。

かわいそすぎる

うりゅ★うりゅ~★


痛々しすぎて見ていらんないぜ



自分たちは幸せだとエンジェに言うマリア。
しかしエンジェはマリアは寂しさを紛らわすためにから騒ぎしていただけだ、と。



そして日記の続き。

領収証

帰ってきたローザ。ローザの服の裾からは温泉旅館の領収書が。
仕事と嘘をついて旅行に出かけたというエンジェ。否定するマリア。



エンジェにマリアとベアトとの出会いを見せる。
さくたろうを生み出したマリア。零からさくたろうを生み出したマリアを評価するベアト。

擬人化 魔女見習い

そんなマリアのためにベアトはさくたろうを契約とかなんかで人型に。
そしてマリアは原初の魔女見習いに。



そしてエンジェの過去。魔女になるために。

それにしてもこのマリア、ノリノリである 魔法少女、プリティーエンジェ

学園時代のエンジェ。マリアから魔法を習うエンジェ。
煉獄の七姉妹を呼び出すエンジェ。

七姉妹さんたち

さくたろうかわいいおかわいいお状態^p^

エンジェは7人全ての存在を維持できる力はない。

マモンタソ

というわけでじゃんけんしてとりあえずマモンだけ。

エンジェはバトラとかを蘇らせるために魔法を習ったと言う。



しかしエンジェは修業を全う出来なかった…
あの日以来…

その話はまた今度な!



というわけで1998年のエンジェ。
エンジェは六軒島のその後について、大学教授に話を聞く。

教授大槻あねさん

メッセージボトル、ワインボトル…一本は漁師が、一本は警察が。
連続殺人事件の経過を書いた、ノートの紙片が。
どちらも筆跡は同じ。
しかし、事件の内容はまるで違う。殺人の順番・手口。
どちらかが真実でどちらかが嘘、あるいは両方偽りか。

どちらのノートも署名はマリアのものだったが、後に筆跡が違うと。

エンジェは教授に、マリアの日記の「ベアトが書いたとされる部分」を見せると驚かれる。
その反応から、ワインボトルの筆跡とマリアの日記にベアトが書いたとされたものの筆跡一致したと判断するエンジェ。



んで再びメタ世界。ゲームが再び動き出そうとしていた。
と、エンジェの前にラムダデルタが。

超パー 2人はエンジェ!

バトラを救ったとしても兄を失った自分のもとへは帰らない
バトラが帰るのは、その時バトラの帰りを待っている12年前のエンジェのもと。

取引

落胆するエンジェにラムダデルタは、
「バトラを勝たせず、永遠に引き分けにさせないか」
と持ちかけるのだった・・・

続く!



考察。

①マリアの過去:ローザの旅行
温泉旅館の領収書。それを見てエンジェは、ローザは仕事ではなくて、実は男と旅行に行っていた、と言っている。マリアは否定してるが。
もしそれが本当だとしたら。つまりローザは旅行に行っていたとしたら、なんのために?
1986年のローザは、他の兄弟同様に金に困っていた。
つまり、この過去のローザの会社の経営状態も良いものでなかった。
まぁつまり金を作るために男と…とも思うんだけど。
あとは何者かと碑文の謎を解きに、とか。例えば行った先が小田原とか。
いずれにせよ、経済状況の事情からの行動だと思う。

②1998年のエンジェ:ワインボトル
ワインボトルのメッセージと、マリアの日記に表記された、「ベアトのものと思われる筆跡」が一致。
(不確定だが大学教授の反応から、おそらく同一のものだろう)
つまり、メッセージボトルを作った人物は、過去にマリアと出会っていた(その時自分は魔女だと言っていた)
筆跡の字からいって、子供のものとも思えないので、バトラ・ジェシカ・ジョージ辺りは除外。
やっぱ兄弟のだれか?
いや、あるいはローザがオママゴト的なので魔女役をやって…

エンジェが親族との筆跡鑑定をやってくれれば分かるのに^p^

で、ワインボトル何故2通あるのだろうか・・・
内容が違ってたということは、各EP?見つけたのはEP3後のEP4での世界。つまり内容はEP1・2
でもそうなってくると、結局それはなんなのかってことになる。
まさか魔法で他の世界を見てきた、なんて言えないし…
計画書、あるいは小説的な?

ワインボトルのもにには確か、「この真相を解いて」的なことを言っていたし、犯人ではない?

でもなぜマリアの名を語るのだろうか…

んー何か見えそうで見えてこないな



というわけでこんなもん。六軒島事件のものよりも、それ以前・以後の話がメインっぽいEP4。
次回も、マリアの過去・エンジェの学園・1988年のエンジェの3本立てを確認
六軒島は確認できなかったけど
…まだマリアがベアトと名乗る人物手紙もらった(第1の晩前)くらいだからそんなに重要じゃなさそうだな。

というわけで次回もwktk!


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pasutora.blog85.fc2.com/tb.php/121-4e5d7bc5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

t

Author:t

カテゴリ

月別アーカイブ

  • Archives »
  • カウンター

    検索フォーム