FC2ブログ

Entries

にゃんこい! 第8話 「炎の個人教授ランナー」 感想

どう見ても 下着です

「それ、更衣室から無くなった私の下着…!」

「俺終了のお知らせ…orz」

ど う し て こ う な っ た !


あの時、輝かしい未来に向かっていたあの時、
あんな悲劇が待ち受けていたとは、想像もしていなかった。

時は遡る。


いつも通り学校から家に帰ってきた潤平。

ツインテ在沖

そこには桐島姉妹が!

また家族にあらぬ誤解をされるので、2人を連れて外へ。
2人は困ってる猫を連れてきたと。

依頼猫

で依頼は、猫のミッチーを雀を取れるように鍛えろというもの。


というわけで早朝、一緒に朝走る練習する潤平とミッチー
しかし全然駄目駄目なミッチー。

水野も朝連

そんな潤平のもとへ水野、そしてナギー先輩が。
ナギー先輩は潤平を今日の放課後から、陸上部への体験入部を勝手に決定する。

加奈子もやるぜ

というわけ。加奈子も。

加奈子と潤平の指導は水野が。

テニス シンクロ

テニスやらバスケやらソフトやら卓球やら助っ人で頼まれている水野。
水野と一緒に2人は頑張る。


河原で潤平の帰りを待っているミッチー


次の日の早朝、ミッチーに謝る潤平。けっきょくミッチーのことは忘れてて。

汗が・・・

んで潤平のところに水野が。汗かいてるとハンカチで。
ハンカチを洗って返すと言う潤平。んで家に帰ってハンカチをアイロンがけ。
結局またミッチーのことは忘れて^p^

んで放課後。

狙い撃つぜ!

ミッチーが不審な動きを…

その頃潤平は水野と共に部活動を。
「良い気になってるのも今のうち」だとほくそ笑むミッチー…


んで部活後、ロッカーで下着がない…って感じの水野。

おかしいな・・・

忘れたのかな?と思うが…

その後一緒に帰る水野と潤平。

借りてたハンカチを返すと、

黄色い悲鳴

「はいハンカ、ち・・?」

鞄の中から水野の下着を取り出す潤平。

どうみても変質者です本当にありがとうございました


そして冒頭部分に繋がる^p^


次の日の早朝、ミッチーはハンカチを咥えていた。
ミッチーがすり替えた!
どうしてこんなことを…語り出すみっちー。

みっちー・・・ すーちゃん

ミッチーは、好きな猫がいた。すーちゃん
すーちゃんに、 「雀を取れるようになったら考えてもいい」と。
潤平だけが幸せになって、ヤキモチを焼いたと。

「すまなかった・・・」と、謝る潤平。
ミッチーも下着のことを謝る。
きっと誤解は解ける!

元気になった潤平とミッチー。

即特訓

というわけで、徹底的にミッチーを鍛える潤平。


凄まじい特訓の末、ミッチーは変わった。何もかも変った。変わってしまった…

変わりすぎたミッチー

んで雀を取ってすーちゃんにアタックに向かうミッチー。



そして、学校では水野とナギー先輩、加奈子が話していた。

聞きたいことが… さてさて

「男の子って、女の子の下着に興味があるものなのかな・・・」

といわけで、潤平のところに来る加奈子とナギー先輩。

見損なった!

誤解だ!と言い張る潤平。猫が鞄の中に!と。そんなことがある訳…
と、潤平の友人の晴彦が、

「俺見た、下着加えた野良猫が、女子更衣室から男子更衣室に入っていくのを。」

と証言してくれる。

なーんだ猫かー

というわけで誤解は解けた。


んで水野と潤平。猫のいたずらだと分かってもらえた。
んでハンカチも返す。

またね! (部活動に呼ばれなかったな…)

「じゃあ、また明日!」
と嬉しそうな水野。


どきどき どうやら雀は仕留められたようだ^p^


「潤平さん、今度はあんたが頑張る番だぜ…
 今度は、お前の男を…見せてみな…」



と潤平を遠くから見守るミッチーとすーちゃんだった…


続く!


ミッチー変わりすぎだろwww
渋すぎるwww

ミッチーの潤平の呼び方が最後"お前"になってたけど・・・
潤平格下げ?


今日のにゃんコマ!

鍛え方が… 違いすぎる

猫の最高速度は、時速40kオーバーらしい。


というわけで次回は、プール!水着回!
けんぷファーに続いて、こっちも水着回か。

8話提供絵

8話エンドカード

というわけで、次回は見逃せない!


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pasutora.blog85.fc2.com/tb.php/123-4fdcab66

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

t

Author:t

カテゴリ

月別アーカイブ

  • Archives »
  • カウンター

    検索フォーム