FC2ブログ

Entries

アズールレーン 第4話 「【桜嵐】外套と短剣」 感想 と 作画に関してちょっと小言。

azuren4-3.jpg

アズレンのノリにもやっと慣れてきたぞ
  


azuren4-1.jpg

ユニコーンちゃんの、このちょっとずつの食べ方可愛い!
こういうところにキャラの個性が出てるのっていいよね。

azuren4-2.jpg

個人的に平海ちゃん押しなので、平海ちゃんもっとオネガシャス!!

チャイナ服のスリットが好きなんよ・・・

azuren4-5.jpg

やっとセイレーンのオブザーバーさんが出ました!!
真の敵キャラだと思いますが、以外におっぱいあるなって思いました。
もっとロリっとしたキャラかと・・・




○作画に関して
というわけで、ここで各所で作画に関して言われてるみたいですので自分も。
正直見てる分には、そこまで作画気にはなりませんでした。
早いシーンをコマで見て「ここ!崩れてる!!」って言うのは、確かに崩れてるかも知れませんが、
アニメとかをそういう風に観る人って楽しいのかなって思います。
アニメは観たままで面白ければいいんじゃないかと・・・
まぁ楽しみ方は人それぞれですが・・・

何かこんなことに引き合いに出すのもアレですが、京アニの事件を経て、
あの事件で犠牲になった方々が本当に不憫でならない。
アニメの作画とか、下で作ってる方々って、名前が売れるのって本の一握りだと思うんです。
それもかなりの下積みをして。
そんな目に見えない方々、陽の光を浴びないような方々の頑張りで、アニメって出来てるんだと、
あの事件を経て、再度確認いたしました。

そんな頑張ってる現場の方々を思うと、軽率に、「ここ崩れてる!!」なんて、自分には言えません・・・
自分の心の中で思ってるならまだしも、それを公の場で「ドヤァ!!」って出して、貶して。

確かに100%の物を作るのが、クリエイターというか、働いてる人全てのの役割だと思います。
それは真実だと思いますし、そうじゃないなんて言えません。
「しょうがないや」って、甘んじじゃ、いけない部分だとも思います。

でも人間ですし限界もあります。100%で走り続けたら疲れちゃいます。
どうやっても出来ない部分は、あると思います。
それは、やっている本人が一番わかってると思います。

それでも、精一杯やって、そんな頑張ってる人たちで、作品って成り立っているのだと思います。

作品をどう観るかは自由です。
でも、自分は、そんな軽率に「ここがおかしいよ!」何て言えません。言う権利もありません。
ただアニメ作品として気になる部分があったら言います。
それは自分個人の感想でなので・・・

長々となってしまいましたが、アズレンを観てるといろいろと考えさせられます。
主にニコ生で観ているので、いろいろなコメントも観れるのですが、やっぱりアニメって難しいんだなって思います。
作品だけじゃなく、いろいろな部分で評価されるんだなぁ、と。


ところで自分は気になったのは作画というよりも・・・

azuren4-4.jpg

戦闘演出
でした。

まぁこれも作画といえば作画なんだけど、はっきり言って高雄とシェフィールドの戦い、観ていて楽しかったのですが、
高雄が何をしていたのかがよくわかりませんでした・・・
何だろう、スピード感があるんですが、スローの部分があってそこが良く分かりませんでした・・・
勿体無いなって感じです。

あと最後をギャグ落ちにしたのもどうなのかな、と。
ギャグ回なら分かるんですが・・・

azuren4-7.jpg

あと作画といえば、今回の作画はあの

大島縁さん

だったんですね!
ごちうさ4話で有名な。

予断ですが、「緑」じゃなくて「縁」ですぞ(`・ω・´)

自分も緑だと思ってました

あの4話は衝撃を受けましたが、あれとはまた違った描き方ですね。

azuren4-6.jpg

↑ココスキ ポイント
えーなにその顔、乙女かいな~



というわけでまだ4話・もう4話でもあります。
今後どうなるかまだまだ楽しみです(`・ω・´)


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pasutora.blog85.fc2.com/tb.php/1286-7d070c33

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

t

Author:t

カテゴリ

月別アーカイブ

  • Archives »
  • カウンター

    検索フォーム