FC2ブログ

Entries

うみねこのなく頃に 第25話 「EpisodeIV-VII forced move」 (感想+考察)

1998年、船で六軒島へと向かうエンジェ。

うみねこ25話 船長のお話

六軒島には船着き場が実は2つあると言う船長。
それを知っているのは、

金蔵、源次、南條、船関係者、高齢の使用人(熊沢)

息子達は誰も知らなかった…

また、九羽鳥庵(クワドリアン)にも度々船長も行っていたと。
雑貨などの荷物を届けに。
その中に女物もあったので、ベアトリーチェと呼ばれるであろう女性はおそらく存在していたと言う。

だが昭和43年、1968年。源次から、今後定期便はいらないと連絡があった。
おそらくその時ベアトリーチェが死んだと推測する。


んで六軒島に着いたエンジェ。エンジェは天草を置いて森の中を進む。
目的地の崖?に到着するエンジェ。

終着点 マリアおねえちゃん・・・

「始めは死ぬ為の旅だった。でも今は違う、何かを成し遂げる旅に変わっている。」

「魔法とは・・・愛がなければ見えない。」


マリアの日記帳を開くエンジェ。

最初は優しい魔法だった。
空からお菓子が降ってくる魔法、明日の晩御飯がクリームコロッケになる魔法。

しかし途中から、クラスのいじめっ子が風邪をひく魔法、クラスの誰かが死んでしまう魔法。
と、どんどん黒くなっていった。



来たか下郎 集合

そしてエンジェの前に、須磨寺霞が!!!


やられる

「ちょいとお茶してやりなさい!!」

ぼっこぼこ 事後

なんというリンチ^p^

原作だとここでry


姉(霧江)が継ぐはずだった須磨寺家。

語ります

霧江がいなくなったせいで、妹の霞が継ぐことになった。だから恨んでいると。

というわけでエンジェをフルボッコ。


自分自身の 過去

似ている・・・と感じるエンジェ。エンジェも霞と同様、絵羽叔母さんに厳格な教育をさせられた。

絵羽の人生もまた、右代宮家の重圧を感じてきた。

絵羽はその鬱憤を、妹のローザにぶつけた。
ローザは自分の鬱憤を、娘のマリアにぶつけた。

そうしなければ、その苦しみから逃れられなかったから。

マリア・・・

だからこそ、マリアの魔法は凄かった。
自分の怒りや悲しみを、誰にもぶつけようとしなかった。
魔法によって、苦しみと悲しみの連鎖を断ち切った。


そうやって絵羽の気持ちを改めて理解したエンジェ。
自分だけは絵羽の味方になるべきだったのでは?と思うエンジェ。


エンジェの前に、久々にエバトリーチェが現れる!!

エバトリーチェ登場!

絵羽の傍にはいつも黒いエバトリーチェがいたらしい。


再び気を取り戻すエンジェ。

テクニカルアドバイザー:エバトリーチェ THE:顔芸

霞さんの横にエバトリーチェが。

まるで魔女に操られているように・・・霞はマリアの日記を手に取る。

痛い本 びりびりびり~

そして日記を破り始まる。

煉獄の七姉妹、さくたろのページも破られる。

そして、

「大好きなままと仲良しでいられる魔法」
 →「うーうーうー」

やっぱりあれは・・・


そして日記帳を踏みにじる霞・・・


そして魔法を使うエンジェ。煉獄の七姉妹を召喚する。

魔法を見せてあげる 魔法の力

エンジェを撃ったはずの男が胸を貫かれて死ぬ。

狙い打ちだぜ どういうことなの?

んであっとういう間に霞以外の全員が死ぬ。

撃つぜ 駄目でした

銃を取る霞。しかし眉間を貫かれ、死ぬ。


後はエバトリーチェ。
絵羽叔母さんとして戻ってくる。
奇跡は二度と起こらない!

どーも、絵羽っす だめでしたぁ~

しかし銃が暴発して絵羽(?)は死んでしまう。
こうしてエンジェの旅は終わった・・・



その後エンジェとベルンカステル卿。

最後の魔女となったエンジェ。

家族を取り戻す方法 嘘をついた

「私はあなたが嘘をついたんじゃないかって、疑っていたことがあったわ」
 私は1998年のエンジェだから、家族を助けても、1986年のエンジェが救われるだけ。
 この私は救われない、そう思ったの」


「その通りよ。」

「でも、私は理解したわ。
 だって、貴方は私に家族の取り戻し方を、結局は教えてくれたもの。」



続く!


というわけでちょっとした考察。


須磨寺さんがさくたろって変な名前とか言ってたけど。
そう考えると"さくたろう"って名前にも何か意味があるのだろうか。

佐久太郎・・・地名とか。
裂く太郎・・・裂けたし。

関係ないかなぁ?


エンジェvs須磨寺
弾丸を避けて?魔法(煉獄の七姉妹、杭)で殺してたけど。
俺的には、実はあれは全部エンジェの妄想(幻想)かな?と思った。
本当は普通に弾丸で死んでて・・・とかそんな気がする。

他に考えられるのは、うーん?
天草の狙撃?確かに見晴らしの良さそうな崖だったけど・・・

そもそも出てきた絵羽さんはなんなの?
若かったけど。妄想か、誰かの変装?


魔法の概念とかその辺が関係してくるのかな?
魔法ってのはビームとか、不可能を可能にするのとかじゃなくて、
もっと精神論的な何か?

さてさて。


というわけで次回最終回かな?
ネット予告も真面目だったし。
EP5からは解決編。うみねこ解が始まる・・・・・・!?


次回も見逃せない!!



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pasutora.blog85.fc2.com/tb.php/136-8fb4e70d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

t

Author:t

カテゴリ

月別アーカイブ

  • Archives »
  • カウンター

    検索フォーム