Entries

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第3話 「隊ノ一日・梨旺走ル」 感想

朝ラッパ

相変わらず微妙なラッパで朝ですねカナタさん。

ナイス婆

「死人まで目を覚ましそうな音だねぇw」

ばばあわろっしゅwww


そして朝食。

ご飯 郷土料理

カナタの村の郷土料理。他の人たちは"味噌"も知らないらしい。

どうみても日本食^p^


んで勉強して昼に。昼飯もカナタか。

教会駄目だお

教会を何か嫌うリオ先輩。

行ってきます

そんなこんなで午後は、フィリシア・クレハ・ノエルの3人は物資補給とかに向かう。
というわけでカナタとリオの二人っきり。

どうして軍隊に入ったか。

ラッパが吹きたくて

「楽器がただで習えるって聞いて・・・」

明確な理由があるだけ良いと答えるリオ。

その逆

リオは・・・ちょうどカナタとは逆の理由だと。

お熱だな

そんな感じでいきなり倒れてしまうカナタ。

・・・ 母さあああん

そのカナタと誰か(母親?)の姿が重なるリオ。

大丈夫か

慌ててカナタを布団まで運ぶ。

もちつけ!

薬NEEEEEE

しかし薬もない・・・

そこでリオはバイクで教会に向かう。
そこの修道女?と顔を合わせて微妙な反応。

頼む! えっ?

「今までの非礼は詫びる…だから…助けてほしい」

と言うリオ。

てなわけでカナタを診てもらう。

三日熱 大丈夫

三日熱だと。

大人でもかかる人がいると言うが・・・

あれ?子供じゃねーの?

ユミナさんという名前らしい。サンクスな感じなリオ。
帰り際に薬草をくれる。

いろいろと済まなかったと言うリオにユミナは、

他人の幸せが自分の幸せ的な 正直…スマンかった

「この街の方に奉仕するのが、私たちの喜びであり、義務ですから。」

と言って帰る。

良い人だなー


夢を見ていたカナタ。

わぁ・・・ ラッパです

金髪の軍人さんと会った時の夢。
金髪の軍人さんはラッパを吹いていた・・・

んでカナタは目が覚めると、そのリズムをリオが口ずさんでいた。

カスです

そしてカナタは自分のこと味噌っかすだと言う・・・
余り物・・・足手まといだと・・・
だから頑張ろうと。

んでリオがさっき歌っていた曲・・・
その歌を口ずさむカナタ。


んでリオはカナタをこの前の戦車のところに連れていく。

音楽プレーヤー

そこでリオは戦車を動かす、すると戦車からさっきの曲が流れる。

いくつもの楽器、様々なパートが響きあって、一つの音楽となる。
戦車乗りと同じ。
コマンダー、ガンナー、ドライバー、通信手。
皆が力を合わせて、一つの戦車を動かす。

良い歌

「いらない者なんていない・・・
 いらない音なんて、一つもないのさ」


尊敬する人 ロリオ

と言うリオ。一番憧れて尊敬する人の受け売りだと。
そして先輩や上官は、後輩に迷惑をかけられるためにいる。

迷惑掛けろ

今は出来なくて良い・・・
苦しかった事とか辛いことは、いつか守る者の立場になった時の糧となる。

おk

「これからもいっぱいっぱい先輩に迷惑をかけます!」

と元気を取り戻すカナタでした。

というわけで続く!


もしかしてリオの口癖って"いろいろ"?
今回3回くらい言った気がする。

んでリオの尊敬する人って、カナタの合ったトランペットの金髪の軍人さんだよなー
繋がるんだな。
リオが軍隊に入った理由はカナタとは逆だと言ってたけど。
まぁあの金髪の軍人さんが多分関わってるんだよな。

リオが教会の人を嫌う理由とかあるんかな?
ってかあの街に医者はいなのか?^p^

今更だけどOPいいな。EDと全然雰囲気違うけど。
むしろOPとED反対だろ^p^

というわけで、次回もwktk!


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pasutora.blog85.fc2.com/tb.php/150-07b983fc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

パスタの虎

Author:パスタの虎
アニメ大好き、カラオケ好き。馬岱好き。麻雀好き。
ニートになりました。やったね!!!(⌒ν⌒)

twitter

カテゴリ

カウンター

応援してます!

シークレットゲーム CODE:Revise

真・恋姫†無双~萌将伝~応援中!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード