FC2ブログ

Entries

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 4話 「梅雨ノ空・玻璃ノ虹」 感想

ソラヲト4

さて相変わらずのラッパのカナタ。
上手くいかない・・・

整備中

その思いはノエルにもあった。
まぁノエルはタケミカヅチ(戦車)の方だけど。

買い出し

というわけでカナタをノエルは2人で街に物資を買いに行くのだった。
ノエル運転できるのか^p^


というわけで最初の店。祭りの時おばさん!

おばちゃん

ガラスとかのお店。
そこでカナタはそこにあるイルカのガラス細工が気になる。

綺麗なガラス イルカ

何の魚か分からないというカナタに、 「まだ海に生物がいた頃の、海性哺乳類」と説明するノエル。

この世界の海って、生物滅んでるのか・・・


で、そのガラス細工を作ってる工場に向かうノエルとカナタ。
タケミカヅチの部品のためだ。


で、荷物を運んでいる途中、教会の子に会う。

戦争孤児的な?

そこの男の子がノエルに「この人殺し!」と言う。

カナタがノエルを気遣うが、

・・・

「大丈夫、ボクたちが兵隊なのは本当のこと・・・」

と言うノエルだが・・・


そんなこんなでガラス工場に到着するカナタとノエル。

マイスター(達人)クラスのおやかたああ いっぱい

マイスタークラスなガラスの親方。
タケミカヅチの光学センサーのレンズの複製を依頼している。
でも・・・中々上手くいかない。

どう思う?

「カナタ・・・ボクは機械が好きだ。でも、機械は人を傷つけることもある。
 タケミカヅチもきっと昔、沢山人を殺してる。
 昔、人を殺した機械は、やっぱり怖いと思う?」


「うん。でも、もっと怖いのは機械じゃなくて、
 それを使ってた人たち、かな?
 だってこのラッパ、私が吹くとあんななのに、リオ先輩が吹くと、
 とってもきれいに歌うんだもん、戦車だって、きっと同じでしょ。」


「きっといい戦車だよ!タケミカヅチは!」

ねむねむ ppp

その言葉を聞いて安心したのか、ノエルは眠ってしまう。


んでラッパの悩みとか聞いてもらうカナタ。

こんなに練習したのに・・・

「やっぱり私、才能が・・・」

とカナタが言うと、それを聞いた親方はと

「嬢ちゃん、無理やり音を作ろうとしてねぇか?」

言い、ガラス細工を始める。

親方 吹くぜ

「俺はこういう形にしようとしているんじゃねぇ、
 ガラスがな…こういう形になりたがってんだ。」


それを聞いたカナタは外に出ていく。

音の響き

「音が・・・自分で響きたいように・・・」

そしてラッパを吹く。

UMEEEEEEEEEEEEEE

・・・ん?

その音を聞いたノエルは、カナタにガラスの響く音を聞いてもらう。
それで一番近い音を試す。

そしていよいよ・・・

やったああ

成功!

ppp

ノエルはカナタに「ありがとう」と言い微笑むのだった・・・

良い最終回だった^p^

続く!


というわけで今回はノエル回。
+カナタはラッパをついに吹けるようになった。

やっぱ主人公キャラが音楽漫画ではありがちな"絶対音感"?
持ってるっぽいな。

というわけで、次回もwktk!


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pasutora.blog85.fc2.com/tb.php/155-4605d85d

トラックバック

[T13] (アニメ感想) ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第4話 「梅雨ノ空・玻璃ノ虹」

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 今日のカナタの任務は、街へ出て物資を調達してくること。 カナタは渡された購入品リストを持って、 ノエルの運転するジープに乗り込みます。 見るものすべてが新鮮なカナタの疑問に、きちんと正しく

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

t

Author:t

カテゴリ

月別アーカイブ

  • Archives »
  • カウンター

    検索フォーム