FC2ブログ

Entries

とらドラ! 第21話「どうしたって」 - 2009/2/25



というわけで修学旅行でスキーを楽しんだりする面々。


そんな中木原さんが、まるお君とリフト乗る~って感じでフラグを作ったりなんたら。
それを見た能登君が、なんだかんだといちゃもんをつける。
能登としては、まるお君とタイガーをくっつけたいようだから、木原は邪魔っぽ。
そんな感じで言い争う2人。止めようとしたみのりんも押しのける。
あーみんはまるお君に「それって天然?それともわかっててやってるの?」と。
そんな感じで木原は泣いてしまい・・・
場は一気に険悪ムードに。

1日目夕食。まだまだ険悪ムードは続く・・・
ロビーみたいな感じのところで溜息な竜児
そこにみのりん登場。

 

内緒のお話、ずっと機会を伺ってたんだよ」と、期待されるようなことを言うみのりん。
俺もれm」と言おうとする竜児の言葉を遮り、
喧嘩になった能登君と麻耶ちゃんを解決したい。」と言う。
竜児が考えてたこととは180度違うことです^p^

能登君が麻耶ちゃんの恋路を邪魔しようとしてるのはね、大河が北村君を好きって誤解してるからなんだ。
別に・・・誤解じゃねぇじゃねーの。櫛枝だって大河のことで知らねぇことだってあるだろ?
そんなことない!知らないことなんかないよ、大河のことは全部わかってる。

と言い、ポケットからヘアピンを取りだし頭につけるみのりん。
それは、竜児がクリスマスにみのりんにあげるはずだった物だ。



・・・それどうしたんだ?」と竜児が尋ねると、
ああこれ?大河がくれたんだよ、何か、宝物だから絶対絶対大事にしてって。

それを見て、
駄目だ・・・大河・・・いくら頑張ってもやっぱり無理だ。これが現実ってやつだ。
 櫛枝は俺の思いを受け入れてくれない。イブの夜のことも、俺の片思いも、全部なかったことにしようとしてる

と思う。
              , -‐;z..__     _丿
        / ゙̄ヽ′ ニ‐- 、\  \   ところがどっこい
       Z´// ,ヘ.∧ ヽ \ヽ ゝ   ヽ   ‥‥‥‥
       /, / ,リ   vヘ lヽ\ヽヽ.|    ノ  夢じゃありません
       /イル_-、ij~  ハにヽ,,\`| <      ‥‥‥‥!
.        N⌒ヽヽ // ̄リ:| l l |   `)
            ト、_e.〉u ' e_ ノノ |.l l |  ∠.   現実です
          |、< 、 ij _,¨、イ||ト、|     ヽ      ‥‥‥!
.           |ドエエエ「-┴''´|.|L八   ノ -、   これが現実‥!
            l.ヒ_ー-r-ー'スソ | l トゝ、.__   | ,. - 、
    _,,. -‐ ''"トヽエエエエ!ゝ'´.イ i l;;;;:::::::::::`::ー/
   ハ:::::::::::::::::::::| l\ー一_v~'´ j ,1;;;;;;:::::::::::::::::::
.  /:::;l::::::::::::::::::::;W1;;;下、 /lル' !;;;;;;;;;::::::::::::::::
  /:::::;;;l:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;|: :X: : : : : |;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::
 /:::::;;;;;;|:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|/: : >、: : :|;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::


その後部屋で不貞寝な竜児。
そんな竜児の姿を見て、まるお君と能登と春田は、竜児を元気づける。
その後落ち込んでる理由を聞く。

 

そして竜児はついに3人に、みのりんのことが好きで拒絶されたことをカミングアウトする。
振られた理由がわからない。
ということで理由を聞きに!ということで女子部屋に向かう4人。

女子部屋についたが空っぽ。どうやら風呂に行ってる感じ。
んで勝手に女子部屋に入ってしまう4人。
物色する( ゚д゚ )

そこにタイガーが帰ってくる。慌てて押し入れに隠れる男子一向。
しかし物音をたててしまう。押入れに気づくタイガー。



その時、あーみん、みのりん、木原、奈々子の他の女子4人も帰ってくる。隙をついて、タイガーを押入れに入れる竜児。
タイガーいないって感じだが (゚ε゚)キニシナイ!!で4人でトークを始めちゃう感じ。
「タイガーって高須君とまるお、どっちが本命?」とみのりんに振る奈々子。
みのりんはwkrnって感じに答える。

あーみんはそんなみのりんを見て、
イブの夜告白してきた竜児をみのりんが振ったことを言いだす。
ど~して知ってるの?って木原とかが言うが、ど~してかね~?って答えるあーみん。
これは前回勝手に喋っちゃったタイガーからだよな(^ω^;)
そしてみのりんとあーみんのトーク。

 

あーみん、何でそんなこと言うかねぇ?

そっちがいつまでもすっとぼけてっからだよ~。よくもまあ平気な面しててきとーなこと言ってんなぁと思ったの。
 高須君はタイガーじゃなくて、みのりちゃんのことが好きなんだよねぇ~、でもみのりちゃんは振ったんだよね~
 でもって、そんなの忘れたフリして、超天然なフリしちゃって。皆仲良く~だの、ずっとこのまま~だの。


平気な面なんていつ見たっけ?心が目に見えるか?ってゆうか、あーみんには関係ねぇから。

関係ないか。そっかじゃあ罪悪感も関係ないんだ。
 てっきりみのりちゃんも高須君のこともまんざらでもなかったけど、誰かさんへの罪悪感から高須君を振ったんだと思ってた~
 でもそっか~みのりちゃん純粋に高須君のこと嫌いで振ったのか~
 じゃあ亜美ちゃんが明日高須君に伝えといてあげる。
 だってそうでしょ、半端な言葉で生殺しにしとくより、はっきりトドメ刺してあげた方が、親切ってもんだよねぇ~


・・・好きにすれば?

あぁ!何なら今から言ってこよっか?

だから、好きにすればって!

ふーん、ほんっとイイ面の顔してる・・・

すとーっぷ。ってことで止めに入る木原。
あーみんが言いすぎってことで謝らせる。
ごめ~ん♪」と謝るあーみん。
忘れた。」とするみのりん。

そーいえばタイガーってまだ帰ってないから探しに行くか!ってことで部屋を後にする4人。
ふぃーって感じで押入れから出る男子達+タイガー。
私たちは何も見てない聞いてない」と釘(くぎゅぅぅぅぅぅ)を刺すタイガー。


次の日。
一人で雪と戯れてるあーみんを見つける竜児。



何やってんだ?
ちょっと疲れたから休憩。」と答え、語るあーみん。

あのさ、高須君に懺悔しなきゃいけないことがあるんだ。
 高須君が実乃梨ちゃんに振られたって私のせいかも・・・
 昨日ね、実乃梨ちゃんに喧嘩売っちゃったんだよ。どーしてもあの子の顔見ると、ムカついて。だってあの子、絶対正面からは相手してくれない。」
 どれだけ喧嘩売っても、私、結局一度も、実乃梨ちゃんの本心って聞いたことない、それがきっとムカつくんだ。
 高須君は馬鹿だから嫌い。自分のことも馬鹿だから嫌い、罪悪感で雁字搦め。私も自縛だ。いろいろ間違ってこうなっちゃった・・・


そこにソリに乗ったタイガーとみのりんが突っ込んでくる。
ごめん、と謝るみのりん。



何がごめんだよ!わざとでしょ?ってゆーか昨日のこと怒ってるからなんでしょ!私と高須君がしゃべってたから、邪魔しに来たんでしょ!?
昨日のことって、あーみんが喧嘩売ってきたあのことか!?こっちが流してやったのに、そっちがしっぱり出してくるかよ!?
なーにが流してやっただよ、朝からずっとシカトしてたくせに!その上から目線がムカつくんだよ、脳みそ筋肉女!
誰が上から目線!下手に出ててれば、調子こいてんじゃねぇ!

って感じでどつき合いやら殴り合いを始める2人。
慌てて止めに入る竜児とタイガー。
まるお君とかも気づいてやってくる。
あーみんがどん!とみのりんを叩くとその拍子で、みのりんの頭のヘアピンが外れて飛んで行ってしまう・・・
それに気づいたタイガーは・・・


その後先生とかもやってきてなんとか収める。
で気付いた時にはタイガーがいない・・・ってことに。

夜。スキー場の係の人たちが総出でタイガー探してる、と。
タイガー行方不明に。



んで、タイガー探しにさっき騒いだところに向かう、竜児とみのりんとまるお君。
っと、滑り落ちたような跡がある!と軌跡を見つけるみのりん。その下の木に、ヘアピンが引っ掛かってるのを見つける竜児。
みのりんが降りようとするのを手を取って止める竜児。
竜児が行くって感じ。

  

まただ、またあいつを一人にしちまった・・・傍にいたのに、気付いてやれらなかった・・・
 ちっくしょう・・・あのドジめ、今度掴んだら、もう絶対離してやらねぇからな・・・


とヘアピンを掴む竜児。
そして近くには、血を流して倒れるタイガーが。

タイガーを背負って戻る竜児。と、意識が戻ってくるタイガー。
りゅうじ・・・、きたむら・・・くん・・・?
と竜児とまるお君を勘違いするタイガー。

 

竜児かと思った。こんな時、助けに来るのは、絶対、竜児だって。
 ごめん・・・ごめんね・・・北村君。あのさ・・・ご利益ないね・・・失恋大明神・・・お願いしたこと・・・全然叶わないだもん・・・
 この気持ち、全部消して。私を強くしてって・・・駄目だよ全然・・・どうしたって竜児のことが・・・好きなんだもん・・・




次回へ。





あー。
あー。
あーry

まぁこれでついにタイガーの気持ちに気づいちゃった竜児ですね。

今回はみのりんが凄かった。当初の頃からは全然想像も出来なかったぜ。

ひぐらしでいうレナ的な?
まぁ、大体の人は自分を偽ってるけどね。
みのりんのキャラも。天然キャラだけど中身は、いろいろ考えてる感じなんだね。
あーみんvsみのりんは、狩野先輩vsタイガー並の迫力でした。
まぁきれいだけじゃない。現実はドロドロですね。昼ドラですね。
ちなみに原作者は女性です本当にありがとうございました。

そろそろ終わりそうですが。
竜児がタイガーの気持ちを知ってしまった。んでどうするんでしょ。
竜児は、"自分の気持ち"については微妙に気付き始めてるような気がしますが。

まぁこれでいろいろと動き始めるのではないでしょうか。

次回もwktk。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pasutora.blog85.fc2.com/tb.php/22-5e6c9f64

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

t

Author:t

カテゴリ

月別アーカイブ

  • Archives »
  • カウンター

    検索フォーム