Entries

世紀末オカルト学院 第13話 (最終話) 「マヤの文明」 感想 と 考察

okaruto13-1.jpg

マヤの父親は魔法によって、どこか安全な場所に飛ばされたのだった。
そして今もノストラダムスのカギを探している。

okaruto13-2.jpg

カギも見つかったことだし、文明は帰らなければならない。
というわけでマヤは、文明の母親と、スプーン曲げのブンメイ君を呼ぶ。
しかし「俺にそんな記憶はない・・・」と言う文明だが。

okaruto13-3.jpg

未来が変わってない。
そこで未来の方々が出した結論。
"それは未来から来た文明と過去のブンメイ君が出会うこと"
それがノストラダムスのカギだった。
前回マヤが美風さんを撮った写真には、ブンメイも写っていた・・・

okaruto13-4.jpg okaruto13-5.jpg

というわけでブンメイ君の講演をキャンセルするマヤ。
その後、皆で文明の送別会をする。
一方ブンメイ君はホテルを抜け出して・・・

okaruto13-6.jpg

「あれがデネブアルタイルベガ!君は指さす夏の大三角


そして終業式。
その後「俺が・・・俺が好きなのは・・・」と何かを言いかける文明。
そんな文明に「行かないでよ・・・」と言うマヤだが。

okaruto13-7.jpg

ホテルを抜け出したブンメイ君と出会ってしまうブンメイ君。
文明はブンメイ君に「これからも、自分の足で歩め。」と伝える。

okaruto13-8.jpg okaruto13-9.jpg

そして空から宇宙人が!
「これ、もらうぞ。」
気絶したブンメイ君のスプーンを取る文明。

okaruto13-10.jpg okaruto13-11.jpg

「歴史が変わるのは・・・ここからだ!!
 マヤ、俺を・・・俺を・・・頼んだぞおおおおおお」


okaruto13-12.jpg

そして文明と宇宙人は消えた・・・
気がつくブンメイ君にマヤは「立ちなさい・・・自分の足で。」と言う。

okaruto13-13.jpg okaruto13-14.jpg

そして未来。滅んでいない!
マヤの父親にマヤから電話が。
世界は救われたようだ・・・

そして・・・

okaruto13-15.jpg okaruto13-16.jpg



(以下、感想と考察です)



良い最終回だった・・・

こういうのって最後はOPで終わったりするものかと思ったけど(それは1話とかか)、普通にEDだった。
いやーまぁ大団円かな。
文明が死んじゃった?(消えた)のは残念だけど。
でももともと未来からきたんだし、それも仕方ないかなと。

というわけでオカルト学院の謎
この作品にはまだまだ分からない部分がたくさんあると個人的に感じました。
というわけでまだ(俺の中で)消化し切れてない謎とか考察してみます。
もう一度最初から見直せば、見えてくる部分もあるかもしれませんが・・・

①美風さんって結局何だったの
②何故過去に送り込むのは「文明」でなければいけなかったのか
③宇宙人とは?
④JKって結局なんだったんよ。
⑤1話でマヤの父親が死霊に取り付かれた意味は?
⑥最後はどうなったのか。


①美風さんって結局何だったの

結局ノストラダムスのカギは「文明がブンメイ少年と会うこと」だった。
ということは美風さんはカギではなかった。
じゃあこいつ何?
サービス要因ですねわかります。
序盤は可憐な姿を見せながらも終盤はキスとおっぱいと危ない服装になってそのお色気を満遍なく発揮した。
美風さんがいなかったらこのオカルト学院は成り立たなかっただろう。
ということは置いといて。
文明がブンメイ君と出会うのはある意味必然だとして、こっちは別の観点から世界を滅ぼそうとしていた。
それを阻止するためにブンメイが送り込まれた。
ブンメイが未来から来るからこその存在という感じかな。
どっちかっていうとおそらく噛ませ的な立場か。

②何故過去に送り込むのは「文明」でなければいけなかったのか
最初は別に文明じゃなくても別のエージェント送り込めばいいじゃん
と思ってた。
文明でなければならない理由。それは文明がブンメイ君と出会うことがカギだから。
つまりそれを起こさないということは、その未来の世界自体が成り立たなくなってしまう。
文明が言っていた「歴史が変わるのはここからだ!」
例え文明がブンメイと会わなかったとしても、未来は救われないと言うことではないか。
会わないかったらその未来はありえなかったけど、文明が未来から来ることもありえなかったわけで。
タイムパラドックスか!難しい/(^o^)\
とにかく未来から文明が送り込まれること、過去で文明とブンメイが出会うこと(そして宇宙人を倒すこと)は必然でなければならなかったということでは。
また、文明の超能力が大人になって使えなくなったのは、少年のブンメイ君からスプーン(超能力)を取ったからだと思う。
滅んだ未来の文明はそういうこと(超能力を受け継いで宇宙人撃退)はしていないだろうが、"超能力が無くなること""起こったこと"なので歴史的には影響ないんだろう。
ですよねキバヤシさん!

③宇宙人とは?
恐怖の大王。文明のための噛ませ。
おそらくこの(マヤがいた)世界では、コーラを飲んだら確実にげっぷが出るくらい必然のことなんだろう。

④JKって結局なんだったんよ。
JKがカギかもしれないとか俺/(^o^)\ハズィ
一人だけ霊的物が視えないJK。
何か謎があるのだろうか。と思ったが現段階ではただそういう立ち位置のキャラだったのね。
どうみても留年しています。

⑤1話でマヤの父親が死霊に取り付かれた意味は?
これをやったのはおそらく学長が録音したテープのせいだと言うが。
なんのためにこんなことを・・・
ただの茶目っ気?で済めばいいんだけど、結構洒落にならない事態になってたが。
ここでゆう画伯が何か言ってたから、もしかしたらゆう画伯か、はたまた美風さんがやったのかも。
まぁ美風さんの場合は「文明のお陰で学園に入れた」ってなこと言ってたからこの時点では何も出来なかったと思うけど。
まぁ学長のテープの呪文が本物だったってことでいいかな。
ゆう画伯もまさかこんなことになるとは思わなかったってことで。

⑥最後はどうなったのか。
おそらくだが・・・
マヤと少年ブンメイ(あれから何年か経っただろうから大人になったろう文明)と結婚したのではないか。
内田性だったし^p^

3人分のカレーでマヤ父呼んでたってことは、マヤ父、マヤ、ブンメイで住んでるってことか。
文明の母って未来で死んでたっけ^p^

記憶的には、父親は残ってるっぽかった。
が、やっぱ情報量とかの問題でそのうち無くなるんだろう(変わった未来の記憶に上書きされる)
マヤの記憶は微妙。
"過去"の世界のマヤは未来の文明の記憶を持ってると思うけど、父親がいた"未来"の世界のマヤはまったく別物だから記憶持ってるかどうか。
この辺の話は深く考えると大変だからキバヤシさんに任せるです。



つーわけで長々と語ったわけですが。
まだまだ謎はたくさんあると思います。言い出したらきりがない。
ただのSFじゃないです、意外に奥の深い作品だと思います。
1クールでここまでの作品を作ったのは凄いと思います。
それだけにもっと深く2クールくらいやって欲しかったなとも思いました。

でもある意味で未来から来た文明は救われなかったのではないか。
その辺微妙にナイトレイドと繋がるよね。テーマ的に。
とりあえず自分の足で歩けってことかな。文明が伝えたかったのは。

そんなこんなでアニメノチカラ3作目が終わりました。
ナイトレイドは正直酷かったけど、オカルト学院は面白かった。
これからもどんどんこういった作品を作っていって欲しいな。

というわけで、オカルト学院ありがとー!



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pasutora.blog85.fc2.com/tb.php/299-e0e2719b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

パスタの虎

Author:パスタの虎
アニメ大好き、カラオケ好き。馬岱好き。麻雀好き。
ニートになりました。やったね!!!(⌒ν⌒)

twitter

カテゴリ

カウンター

応援してます!

シークレットゲーム CODE:Revise

真・恋姫†無双~萌将伝~応援中!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード