FC2ブログ

Entries

とらドラ! 第3話「君の歌」 - 2008/10/15




~前回までのあらすじ~
目つきの悪い主人公・竜児はひょんなことから誰にでもかみつく手乗りタイガーの犬になってしまう。
タイガーはまるお君に自分の思いを告げるが、見事玉砕してしまう。
見かねた竜児は、タイガーの為に飛翔しろ、スターダストドラゴンオルフェノクになると告げるのだった・・・


  

HEYHEYHEY!
と今日も陽気にみのりんは野球をする。ソフトボールか。
そんなみのりんの姿を|д゚)カンサツする竜児。にやける竜児。
どうみても変質者です本当にありがとうございましたとタイガーに眼つぶしを食らうのもよくあること。

そーいえば前回の最後、「俺は竜になる」の辺から竜児はタイガーを逢坂(苗字)から大河(名前)って呼ぶようになったな。


で、夜。竜児とタイガー。竜児はタイガーの洗濯とか飯とか全部やってるっぽい。
どうみても同妻です本当にry
もーYOUたち結婚しちゃいなYO!状態です。
んで、炊飯器が壊れて飯が炊けないってことで二人はファミレスへ。



そこにはバイトをしているみのりんが!
みのりんのウェイトレス姿に見とれる竜児。みのりんはいろいろとバイトをしてるっぽい。
特に理由もないが、「時間があるから勤労、金狼怪奇ファイルだよ!」、と言う。
見とれてる竜児にまた眼つぶしがいったのは言うまでもない。



帰り道・・・竜児は本当にみのりんは何のためにバイトを掛け持っているのだろうと考えた。
タイガーに聞いたが、「金浪怪奇ファイルだからって言ってたじゃん」と言われて相手にされない。
腑に落ちない竜児・・・まぁ実際どうなのか今んところわかりません。


 

翌日、みのりんに会いにタイガーと一緒にファミレスへ向かう竜児。たぶん休日。
その途中酒屋のおっさんに止められる。酒屋のおっさんは魅羅乃/みらの(母泰子の源氏名)の常連だと言う。
まぁそんなことはどうでもいいんだが、何とその酒屋で偶然みのりんに遭遇する。
バイト中です。んで人手不足というおっさんの話を聞いた竜児はバイトを名乗り出る。もちろん下心ありです。
タイガーもバイトをすることに。
自転車で酒を運ぶよう言われるタイガー。しかしタイガーは自転車に乗れないのだった。
「え、乗れないのか?」って感じで竜児に言われると、逆切れして自転車を押して行ってしまうタイガー。

二人きりになる竜児とみのりん。
まぁ酒を補充しに酒蔵いくんだけど。
案の定勘違いしたおっさんに鍵をかけられ中に閉じ込められてしまう。(実はおっさんの粋な計らいという噂も)



こんな時こそ"こうか"だよ!」というみのりん「"こうか"・・・だと・・・


 

一方その頃タイガーは。帰路だった・・・
うおおおおおおおおおおと走ってこけて。
俺は一体何をやってるんだ・・・と寝ているとそこにまるお君登場!
慌てふためくタイガー。ジョギングかなんかの最中だと言うまるお君。
タイガーの自転車を見て「自転車乗れるようになったんだな」と勘違いするまるお君。
自転車はいいぞ、世界が広がると言う。
なんで私が自転車に乗れないこと?」「ああ、去年は観察してたからな」と。
そう言い去るまるお君。
え、なにこの・・・去年"は"・・・え・・・なにこいつ死ねばいいのに
まるお君にもいろいろあるんだね多分・・・
んで

「北村君の見てくれない世界なんて意味ないんじゃー!!!」

と自転車に乗りまくるタイガーであった(´・ω・`)


「あーあーみらいへーつなぐはしー」と酒蔵から竜児とみのりんの声が。
"こうか"って校歌のことね・・・


 

んで寒くなったから野球しよーぜ酒蔵で。ボールを持つみのりん。バットを持つ竜児。
ボールを持つみのりんの手が震えてるのに竜児は気づく。
その姿を見て竜児は気付く。
みのりんが、ただ明るい元気な子なわけじゃないという事を。
竜児は、最初に会った時からみのりんは輝いていたと思うのだった。
そこに惹かれたのかな?
まぁつまりどんな状況でも、



ことが大切なんですねわかります。

んで酒蔵の上に窓があるのを発見。
段ボールを積んでその窓まで手が届く竜児。
しかしそれはタイガーの巧妙な罠だった!
外からハシゴでその窓から飛び込んで清隆するタイガー。


 

( ゚д゚)

喜ぶみのりんだったが、タイガーは飛び込んでくる勢いではしごを倒してしまったのだった・・・

続く!!
(酒蔵はもう終りだろうけど)





何か勢いなアニメになってきた気がsうわなにをするやめr
今回はみのりん回でタイガーがほとんど空気だったうわなにをすr

んで次回予告見る限りやっと最後の登場人物が登場するっぽい。
次回も見逃せないな!
頑張れ俺!
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pasutora.blog85.fc2.com/tb.php/4-fc1be9f2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

t

Author:t

カテゴリ

月別アーカイブ

  • Archives »
  • カウンター

    検索フォーム