Entries

咲-saki- 第13話「微熱」 - 2009/6/28

衣さま。とハギヨシ。
大将戦なんて、どうせ退屈しのぎにもならないよ」という衣に、
「今年はそうでもなさそうですよ」と返すハギヨシ。

きゃぴーん
戻るぞ、ハギヨシ!

衣さまが大将戦に興味を持ち始めたようです。


副将戦開始・・・!

さぶ どろー

和(清澄)、透華(龍門渕)、太い人(風越)、桃子(鶴賀)の4人・・・!


ごわす

先制リーチは風越の太い人!
和はベタ降り。
透華もベタ降り。

ざく そしてこの顔
 
確信しましたわ・・・あなたこそのどっち・・・ああ・・・興奮してしまいますわ。
 初めてあなたを地上に落とすのは、私かと思うと。



んで龍門渕控室、透華ひいきの一。

べっべつに透華のことなんて

「透華は相手が強ければ強いほど燃え上がるよね、
 だけど燃えれば燃えるほど、逆にもう一人の透華が姿を現す。
 それは、酷く冷たくて、僕たちに隙を見せてはくれないんだ」
「でも、それも溶かしてくれる男がいくつかできるんじゃないの」
「透華に彼氏なんてできるわけ・・・ないよ・・・」

はじめかわいいよはじめ



そして流局。
その後1300で太い人から上がる和。
最初に上がったのは和。

右手のオーバーアクション! 受けて立つのは…

そして親。草々に鳴いて仕掛ける和に対し、リーチの透華。
和は親にも関わらずベタ降り。

そして透華は確信する。

むむむ ふわふわ

原村のどかは、まだ100%じゃない。のどっちへの変身を完了していない。
 早く全力になりなさい、さもなくば・・・つぶす!



ppp 手相占い

チームの気持ちを背負った決勝はこれが初めて、そして咲が見ている・・・
と緊張する和。

そして・・・「醒する、自宅でネット対戦をしていた時の最高の状態に近づいていく
自分で感じ始めたのどっちwww

そしてチートイツ単騎リーチをする和。

電流走る…!

んで一発西をつかまされた透華。堪らず降りる。

ツモだ

しかし、ツモ!る和

ふぅ…

何か頬を赤らめる和。

「ある点を超えると急に何かにのぼせたように、表情が柔らかくなっていく」
と久部長が説明してくれる。

そして・・・

ぶわ…

おはよう・・・おはよう、のどっち!

のどっちが降臨し、興奮してきた透華。


生粋の変態 ふひひ

じっくりたっぷり嬲るように味わわせていただきますわ・・・うへへ

どうみても




そして・・・太い人が何回かリーチしているようだけど空振り。

のどか100%

鶴賀のリーチに対しても降りず、マンガンをツモるのどっち。
絶好調!

そしていよいよ副将前半戦オーラス。
ここまでのどっち以外上がってない、やきとり状態!


まだか… ゴゴゴ

「まだ時間がかかるというのか・・・」
画面がぶれてたりする鶴賀のモモ・・・

※これは麻雀アニメです

そして意味分かんないイメージ映像の透華


これからが本番よ

「ここからが本番ですわよ、原村のどか・・・!」


続く・・・!



というわけで次回はのどっちvs透華の決着か。
それとも・・・?

次回・・・「存在」・・・!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pasutora.blog85.fc2.com/tb.php/43-534eea68

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

パスタの虎

Author:パスタの虎
アニメ大好き、カラオケ好き。三国志好き。麻雀好き。(⌒ν⌒)

twitter

カテゴリ

カウンター

応援してます!

シークレットゲーム CODE:Revise

真・恋姫†無双~萌将伝~応援中!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード