FC2ブログ

Entries

咲-saki- 第14話「存在」 - 2009/7/5

副将戦前半戦オーラス。のどっち以外は全員焼き鳥(上がってない)状態。

前回の最後から

「ここからが本番ですわよ・・・原村のどか・・・!」


南4局(オーラス) 親:透華

オーラ



の3面待ちリーチ。

ヤミテンなら11600点のリーチ。いつもの透華なら絶対にしないリーチ。
ヤミテンで上がってのどっちのパーフェクトゲームを阻止したら観客から大ブーイング。
ならば、リーチをして尚且つ上がって、のどっちより目立ってやると考えた透華。


ぬるりと来たぜ
「いらっしゃいまし!ツモ!8000オール頂きますわ!」
それに呼応するとうに、一発でを引きあがる。
ダマなら11600をリーチして24000まで高めた透華。
一気にのどっちを逆転。

そのまま透華の連荘。オーラス1本場。

いいんすか? えー

しかし・・・あろうことは透華は、鶴賀の2900に振り込んでしまう。
しかも鶴賀はリーチしていた・・・

え

透華がリーチに無警戒に振り込むなんて・・・風越の太い人も驚いてるっぽい。

こうして前半戦終了。



というわけで5分休憩。

どうだ?

鶴賀のキャプテン(?)加治木は、桃子のもとに行く。

「さすがに決勝は手ごわいっすね、消えるのに時間がかかりました。」

何か百合な感じな2人。一と透華って感じ。

おまかせを!

「私のリーチはダマと同じ、私は誰にも振り込まない。
 リーチに当たり牌を打っても、相手がフリテンになるだけ」

「ここからは・・・ステレスモモの独壇場っすよ・・・!」



んでモモの回想。

「たった一人だけでいい…私を見てくれる人が、たった一人だけいてくれれば」

モモは子供のころから、存在感が無い、影の薄い子だった。
そしてコミュニケーションを放棄していた。

話は聞かせてry え・・・?

「麻雀部3年の、加治木ゆみだ・・・!」

「だけど…そんな私を…
 誰からも見つからない、そこにいないはずの私を…あの人は…!」




1ヵ月前の鶴賀は、大会に出るための部員が1人足りない状況だった。
そんなとき、学校に麻雀部のサーバーを校内に繋いで、プレーヤーを募ってた。

必死です チャット欄

加治木→かじゅ
蒲原→かまぼこ
睦月→むっきー


がハンネ。これは酷いwww

んでチャットに入出した人が。
2人は麻雀部に入らないかと誘うが、「あなたたちは、私を見つけられない
と意味深なことを言って退出。

加治木は強制IP表示にして、その何者かをの教室を特定する。

んで乗り込む。

なんという告白 お願いします!

「私は君が欲しい!」

その言葉を受け、姿を現すモモ。


どうみても告白です本当にありがとうございました



そして副将戦の後半が始まる・・・!


「とんでもない目立ちたがり屋さんとか、存在感のあるパーツを持つ人がいるように、
 その逆もいるんすよね・・・!」


ああ、存在感のあるパーツって風越の深堀さんのことね!!


モモの存在感のマイナスは、捨て牌まで巻き込む・・・
そしてモモはリーチ!

そして透華は振り込んでしまう。

ニヤ
「ロン、リーチ一発ドラ1、5200っす」


入星さんもびっくり





わたしは・・・

「私を見てくれるのは、一人でいい。しっかり見てて下さいよ先輩。
 これは影の超薄い私を拾ってくれた、先輩への恩返し。
 この団体戦に勝つことが、私が先輩にできるただ一つのことっすから。

泣いちゃう・・・

 他人とコミュニケーションすることさえ放棄していた私。
 そんな私を、誰からも見つからない、ここにいないはずの私を
 大勢の人の前で叫んで、求めてくれた人がいたんすよ。

スキ!

 だから、私はあの人のために頑張るっす。
 コミュニケーションのための努力も悪くない、その時間が楽しいこともある。
 その楽しさを教えてくれたのは、先輩あなたなんすからね!」


という夢だった

「私はもう、人が見てくれないことを恐れることはないっす。
 だって私には、先輩…私、頑張るっすよ!」




頑張るっす→ED:ガンバッチャッタガンバッタワレワレry
この流れに吹いた。




・今週のまとめ

どうみても百合です本当にありがとうございました

のどっち一言もしゃべってない気がするのは気のせいだろうか。
5分休憩が短いから、モモが遅れたら勝手に始まっちゃいそうでそわそわしてた。


んで次回予告のネタがどう考えても「玄人のひとりごと」だと思うんだが。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pasutora.blog85.fc2.com/tb.php/46-55b379f8

トラックバック

[T2] ◎咲-Saki-第14話「存在」

モモコさん、公式サイトのキャラ紹介がやっとみれるようになってた。ノドカがパーフェクトゲームを達成しそうになる。ノドカはベタオリをすると、トウカさんが、リーチをかける。トウカは、普通なら、ヤミテンをするはずだが、リーチをかける。ただ目立つためだけにリーチ...

[T103] ☆咲-Saki- 第14話 「存在」

トウヨコモモコさんついに、ついに顔を見せる。 モモコは、「ここからは、ステルスモモの独壇場っすよ。」という。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

パスタの虎

Author:パスタの虎
アニメ好き。
最近はアニメ系のイベントに行ってます。
メインプレイアプリはウチ姫とすみっコぐらし。

社畜辞めて自由になりたい_(:3 」∠ )_

Twitter...A

パスタの虎 < > Reload

カテゴリ

月別アーカイブ

  • Archives »
  • カウンター

    応援してます!

    真・恋姫†無双~萌将伝~応援中!

    検索フォーム

    QRコード

    QRコード