FC2ブログ

Entries

氷菓 第2話 「名誉ある古典部の活動」 活動

hyouka2-1.jpg
古典部で文集を出そうず!
つーわけで40年伝統のある文集を探しに図書館へ。

そこで図書委員の伊原 摩耶花(いばら まやか)に出くわす。
中学の頃から里志に惚れてるらしいが。
  


hyouka2-2.jpg

そこで愛なき愛読書の話を聞かされる2人。
毎週金曜に同じ本が返却されている。

借りたのは5人。
しかも5人とも昼休みに借りてその日の放課後に返す。

本を読む以外に使うには・・・
5人は当番制で本を借りていた。

hyouka2-3.jpg

その理由は・・・絵の授業のモチーフの為でした。


そして日曜に、話したいことがあると千反田に呼ばれる折木。

hyouka2-4.jpg

私服かわいいいいいい

そして何かを告白しようとする千反田だが・・・



千反田さんは何かを折木に期待しているようだ。
一身上の都合ってことは、自分にまつわる結構重要なことなのかな。
厄介な問題じゃなきゃいいけど。

今回は折木がだんだんどんなキャラかわかってきた。
一般的に喜怒哀楽を顕わにする3人が判らない。
自分自身冷めていて、そういった感情を出すのも面倒。
みたいな感じかな。
なんで折木がこんな性格になったかは、出生とかに秘密あるんかな。
あるいは過去か。

折木もいつか熱くなる日が来るのだろうか。

つーわけで次もwktk


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pasutora.blog85.fc2.com/tb.php/671-67df3e57

トラックバック

[T128] まとめtyaiました【氷菓 第2話 「名誉ある古典部の活動」 活動】

古典部で文集を出そうず!つーわけで40年伝統のある文集を探しに図書館へ。そこで図書委員の伊原 摩耶花(いばら まやか)に出くわす。中学の頃から里志に惚れてるらしいが

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

t

Author:t

カテゴリ

月別アーカイブ

  • Archives »
  • カウンター

    検索フォーム