FC2ブログ

Entries

うみねこのなく頃に 第9話 「EpisodeII-IV skewer」 (感想+考察)

うみねこ9話

また新たな密室殺人が起きてしまった。
行方不明の嘉音を筆頭に、マスターキーを持つ使用人たちに疑いの目が向けられる。


疑

ジェシカの部屋にはジェシカの鍵が。
つまりこのジェシカの部屋に鍵をかけることは、使用人が持っているマスターキーのみ。
というわけで使用人たちを疑うローザ。

赤で

「どの部屋でも開けられるマスターキーは、使用人たちがそれぞれ持つ1本のみ。
 すなわち合計5本!」


とベアトリーチェは赤で発言。

一番怪しいのは合流が遅かった郷田・熊沢。
または嘉音が実は生きていて、犯人なのではないか。と推理するローザ。

復唱要求

「全然駄目だ!」と反抗するバトラ。
郷田からジェシカとか状況を聞いたバトラ。

ジェシカはあの時借りた鍵を嘉音に返していなかったら。
調べてみる南條。確かにジェシカのポケットから嘉音のマスターキーが。
これで嘉音はとりあえずシロ。

しかし逆に郷田・熊沢が施錠した可能性がでてきた。
それをバトラは否定できない。


ここでメタ世界のベアトリーチェとバトラ。
ベアトリーチェは状況(真実)を赤で語っていく。

まだまだ

「この部屋に隠し扉のたぐいは一切ない」
「出入りはこの扉だけだ」
「扉を施錠できるのは、ジェシカの鍵と使用人たちが一本ずつ持っている鍵のみ」
「窓も内側から施錠されている」


そこでバトラはチェス盤をひっくり返して復唱要求。

「嘉音はこの部屋で殺された」

「嘉音君の死体はこの部屋にある」復唱拒否

「最後の施錠は使用人たちのマスターキーによるものである」復唱拒否

「施錠されてる時はいかなる方法でも扉から出入りできぬ。
 部屋の外から鍵を使わずに施錠することもできぬ。」


と追加するベアトリーチェ。


ここで時が動き出す。
リザインするバトラ。
嘉音に扉を施錠できなかったことは証明できたが、
ジェシカを殺した犯人を特定できたわけではない。
すなわち、使用人が容疑者なのは変わらない。


客間?で缶詰を食う皆。

うー 狼と羊

そこでローザが言った「狼と羊のパズル」について説明する。

岸に狼2匹・羊2匹がいる。それをボートで対岸に運ぶ。
ただし、定員は2匹。そしてどこかの段階で狼の数が羊より多くなったら、羊は食われてしまう。

というもの。
そこでローザは使用人たちを食器の片付けに向かわせて、南條先生にも席を外してもらう。

奴らは狼

残ったのはバトラ・ジョージ・ローザ・マリア。残っているのは右代宮の人間だけ。
それを聞いて「狼を追い出したということ」だと気づくバトラ。
ローザは使用人を狼と疑っていってる。だから自分等より数が多くなる状況を作りたくない。

チェス盤をひっくり返すバトラ。
もし使用人の誰かが犯人なら、なぜ鍵をかけるのか。それだったら自分たちが疑われる。
ベアトリーチェが単独犯なら、わざとそういう風に思わせる狙いかもしれないが、合鍵がない以上その可能性はない。

生き残ってる右代宮以外の人たちは5人。バトラ達は4人。使用人たち全員が狼とは限らない。
だとしたら紗音が危ない!?と言うジョージ。だが紗音は金蔵の書斎に行くとき源次と2人だったから無事だった。
それは2人とも羊だったからかそれとも…

また、ローザがもし財産目当ての犯人ならこの場でバトラ達を撃ち殺して、あとで他の人たちにはベアトリーチェがやったと言えばいいと。
暴論だが、スジは通ってる。


その頃厨房では5人揃っている。
その時扉がドン!と。

嘉音くん

扉を開けると嘉音が胸から血を流して倒れてくる。
ローザに報告に行こうとする郷田に嘉音は、「犯人はローザさま…」と言うが。

使用人室に嘉音を運ぶ皆。
そこでローザ様が犯人だと言う嘉音。
そんな嘉音を見て、何かを探しに部屋を出て行く紗音。


んで嘉音は立ち上がってまるで痛みがないかの如く傷口を弄り始める。
とそこで紗音が戻ってくる。

クモ

「あなたは本当に嘉音くん?」
と言ってクモの巣をふき取ったハンカチを嘉音に近づける紗音。

\(^o^)/

刹那嘉音ブレードで熊沢と南條の首が切られる。

そこで郷田タックル!

頑張る源次

んで源次が嘉音の傷口にハンカチを当てると嘉音は苦しみだしそして・・・
消えてしまう。


消えた嘉音に呆然とする郷田


続く!



というわけでちょっと考察。

①ジェシカを殺したのは誰か
→アリバイのない人。
嘉音・郷田・熊沢辺り。またはベアトリーチェ?
郷田と嘉音は後の「南條・熊沢死亡」の時も居合わせてるので怪しい。
熊沢はそこで死んでしまうので除外。正に死人に口なし。
とすると南條・熊沢死亡時に郷田と一緒にいた紗音と源次も怪しい。
もし共犯だとすると。

嘉音の方はベアトリーチェの復唱拒否から。
「嘉音君の死体はこの部屋にある」
そのとおりだったら復唱するはず。つまりそれは"無い"と仮定。
無いと考えてのいろいろなパターン。
→嘉音が実は生きている。
 「嘉音はこの部屋で殺された」としか赤文字で言ってない。つまり何時殺されたとは言っていない。
 このことからまだ嘉音は生きている可能性。
 
→文字通り嘉音(の死体)は別の場所
 なぜそんなことをするのかは分からないが。

碑文的にはこれが第2の晩のはず。しかし第2の晩の「寄り添う2人」。
EP1では秀吉と絵羽だった。しかし今回は2人一緒に見つかっていない。
ジェシカと嘉音2人一緒にみつからなければ第2の晩ではないんじゃないか。
第1の晩は6人一緒にみつかる。EP1でも一緒だった。そして第3の晩以降は、順不同だった気がする。
つまり第2の晩までは複数一緒に発見されなければならない。そのために扉に魔方陣まで書いてくれる犯人。
それなのに今回はジェシカだけ。
これは犯人にとって予想外だったのだろうか。嘉音に思いのほか抵抗されて殺しきれなかったとか。
むむむ

そして施錠。この時使用人が持ってるマスターキー全部出してくれればよかったのに。
バトラ達が集まった瞬間にちゃんと5本揃ってたのか否か。それでかなり変わる。
「最後の施錠は使用人たちのマスターキーによるもの」 の復唱拒否も気になるが…


②狼と羊のパズル
やっぱり狼は右代宮以外の5人の中?
いや待て、狼と羊は「狼が羊の数を上回った時羊を襲う」とだけだ。
つまり羊は数によって狼を牽制できるだけで、反撃することはできない。

つまり右代宮4人とそれ以外の5人の共謀も考えられる。
狼は動くことができないがばれない。
この場合だと右代宮4人の中の多くて1人が狼。
2人以上だと同数で犯行に及べるから。
ローザは自分が狼だったら撃ち殺すって言ってるけど、狼と羊の理論を使えば動くことはできない。
ということはローザの疑いが完全にとれたわけではない。
だがアリバイとかから、ローザはジェシカを襲うことはできない。
ということは郷田辺りと組んでることが望ましい?
嘉音は殺しそこねたので、嘉音を犯人に仕立て上げようとした?

③嘉音(?)と南條・熊沢の死
②から考えて、ローザ・郷田・南條・熊沢辺りが共犯か?

でもそれだと郷田と熊沢疑う意味のが。まぁ敢えて疑ってとかも。嘘の中に少しずつ真実を混ぜるのもいいやり方だが。

で、南條と熊沢は実は生きていた嘉音に逆襲されて殺されたとか。
んで嘉音撃退後、残るは郷田<紗音+源次なので、狼と羊から2人を殺すことはできないとか、一応辻褄は合うんだが。
嘉音の「ローザが犯人」みたいのも一応納得できる。

郷田の「この手で・・・」みたいなセリフ、嘉音が消えて驚いたように聞こえるが、実は「この手で殺したはず」みたいに繋がったら面白い。



とりあえずこんな感じ。
今のところ怪しい、首謀者的なのはローザかな。あと一応ジェシカも殺せる位置にいた郷田。
でも「狼と羊」から、ジェシカと嘉音で2人いるから、郷田が狼だとしても手は出せないはずだけど。
あくまで「狼と羊のパズル」を信じるなら。
現実は一人くらい多くたって、例えばローザは銃を持ってるから人数なんてあんまり意味を為さない気がするけど。

まぁそんな感じで次回もwktk!

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pasutora.blog85.fc2.com/tb.php/77-c292f797

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

t

Author:t

カテゴリ

月別アーカイブ

  • Archives »
  • カウンター

    検索フォーム