FC2ブログ

Entries

大正野球娘。 第8話 「麻布の星」 2009/8/27

野球娘8話 暑い・・・

本日も小学生たちと練習試合をしている小梅たち。
スコアブックのつけ方を学んだ乃枝は、
苦労して身につけた魔球を使ってみないかと晶子に持ちかける。


相変わらず小学生相手に良い勝負の小梅達。
ってか負けた^p^

んじゃ新しい魔球を考えようって感じに。
そんな時国際キネマっていう映画の奴が来て、小梅を主演女優の代役にしたいと。

推薦

んで乃枝が仲介に。
学園長を説得して小梅を映画出演に。
乃枝は朝香中に勝つためと言うが。

どうしてこうなった

小梅はあんま乗り気じゃないが、周りが捲くし立てる感じ。
小梅は泳げるだけで選ばれたのに、話がどんどん大事になっていく^p^


熱々

夜、小梅が台本の練習に三郎と近くの神社へ。
男女のセリフに思わず力が入る三郎。
ラブラブですね^p^


そしていよいよ本番の日。

なん・・・だと・・・

衝撃の事実が。
メインの主演女優が泳ぐことができないから、小梅が川に飛び込むシーンだけ担当するというもの。
つまり小梅がやるのはセリフもなく、ただ橋から川に飛び込むだけ。

\(^o^)/ ぼちゃーん

あぁ・・・^p^


さぶろー 終わりよければ(?)

みっともないというか小梅はショックで寝込んでしまう。
そんな小梅を三郎は扉越しに励まし、ご飯を置いていく。

小梅は三郎の作った料理を食べて、「まいっか」と。

続く!


三郎と小梅は着々とラブラブになっていく^p^
乃枝はなんか映画の関係者と取引してフィルムを見せてもらうし、なんか良い雰囲気になってるし^p^

そして次回、ついに小梅が野球をしているのが両親にばれる!?
波乱の予感。
wktk!
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pasutora.blog85.fc2.com/tb.php/78-8289f689

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

t

Author:t

カテゴリ

月別アーカイブ

  • Archives »
  • カウンター

    検索フォーム