Entries

氷菓 第15話 「十文字事件」 感想

hyouka15-1.jpg

十文字事件!
私気になります!
  


hyouka15-2.jpg

アカペラ部
囲碁部
占い研
園芸部
お料理研

五十音字(あいうえお)順だった。

hyouka15-3.jpg

十文字、じゅうもじ

最後は"こ"、つまり古典部

hyouka15-4.jpg

この怪盗事件を壁新聞部に売り込めば?と提案する里志。

hyouka15-5.jpg

壁新聞部に頼みこみに行く千反田さん。
イリス先輩の教えを守ってお願いする。

既に"か"壁新聞部もやられたと。

hyouka15-6.jpg

一方折木さんはわらしべで手鏡を入手。


次は"き"奇術部。里志が張り込んでみる。

hyouka15-7.jpg

だが既にキャンドルが盗まれたあとだった。

hyouka15-8.jpg

糞コスプレイヤーうぜええええええええええええ

hyouka15-9.jpg

先輩かっけえええええええええええ


hyouka15-10.jpg

「夕べには骸に」の作者、安城 春菜と友達だった先輩。
ちなみに安城さんはもういない。

十文字事件。このままでは最終的には工作部か古典部。

hyouka15-11.jpg

そして里志は・・・



里志の回だったのか。そいえば里志は何回か折木にさり気なく自分の気持ち言ってたっけ。
嫌味みたいな感じだったけど。
天牌でも言ってたな。才能を持ってる人と出会うと、
「最初は驚き 次に尊敬し 最後には嫉妬が待っている」
得てしてそういうもんかもね。

ただ、里志には里志にしか出来ないことがあり、折木には折木にしか出来ないことがある。
自分の苦手を克服するよりも、他の人には負けない長所を活かす。
里志には折木程の考え方は無いけど、それを足で稼いだり、データベースと言われる知識で発揮しようと考える。

それでも、折木の能力には驚かされることが多いのではないか。
卑屈になることも。
でも折木は折木、里志は里志。自分に自信を持って欲しい。
その折木でさえ、一人ではイリス先輩にいいようにされたし。

でもまぁこのまま行くと、いずれぶつかりそうだな。

さて、十文字が次に狙うのは。
そしてその目的は。
さらに夕べには骸にも関わってくるのか。

次もwktk!



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pasutora.blog85.fc2.com/tb.php/809-56158e11

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

パスタの虎

Author:パスタの虎
アニメ大好き、カラオケ好き。三国志好き。麻雀好き。(⌒ν⌒)

twitter

カテゴリ

月別アーカイブ

  • Archives »
  • カウンター

    応援してます!

    真・恋姫†無双~萌将伝~応援中!

    検索フォーム

    QRコード

    QRコード